煩雑 意味。 「煩雑」「繁雑」「複雑」「乱雑」の意味と違い

「煩雑」の意味や使い方とは? 複雑・繁雑との違い・類語・対義語もまとめてご紹介

意味 煩雑

💓 「煩雑」は「 はんざつ」と読みます。 煩雑を極める• 世の中には色々な考え方の方がいらっしゃいます。

【煩雑】と【複雑】の意味の違いと使い方の例文

意味 煩雑

😄 煩雑さ• (出典:竹下節子『パリのマリア』) ・暗くはあるし 煩雑な道筋だからいつ撒かれてしまうとも限らなかった。 複雑多岐を使った分かりやすい例としては、「医療行為は益々複雑多岐になっている」があります。

「煩雑」の意味とは?使い方の例文や類語「複雑」と対義語も解説

意味 煩雑

👐 は、ご利用者様同士の助け合いによって成り立つ知識共有サービスです。 複雑で難しくなっていること(例えばセキュリティや技術など)を褒めようとして「煩雑ですね」というと、こっち側に不満などがあると思われてしまいます。 「複雑」は「物事の事情や関係が込み入っている」 という意味です。

16

ややこしい?「複雑」と「煩雑」の違いをわかりやすく解説

意味 煩雑

☯ 今日は定時で上がれると思ったら、上司に 煩雑な仕事を頼まれてしまった。

1

「煩雑」「繁雑」「複雑」「乱雑」の意味と違い

意味 煩雑

☎ 「複雑」は「簡単にはときほぐせないもの」に対して使われるのに対し、「乱雑」は「みだれて見苦しいもの」に対して使われるようになっています。 「物事が込み入っていること」を表したいのか、「込み入ることによる煩わしさ」も一緒に表したいのかによって、使い分けましょう。 その手順が、複雑で使う人がわずらわしさを感じる場合などに、このような言い方かできます。

4

煩雑とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

意味 煩雑

🌏 これは「やることが多くてわずらわしい」と意味が異なります。 「面倒だ」とか「大変だ」という場合だけでなく、「事情が複雑だ」とか「複雑な感情だ」といったように、多方面で使うことができます。 類語には、「込み入る」「いざこざ」「ややこしい」「難解」「交錯」などがあります。

3

「煩雑」「繁雑」「複雑」「乱雑」の意味と違い

意味 煩雑

🖖 たとえば、「この煩雑な作業を終わらせなければ」という例文。 ですが、やることが多くて「繁雑」な時に「煩雑ですね」とメールに書いたりすると、相手は「煩わしいと思っているんだな」と感じるかもしれませんよね。 それに対して「繁雑」は「なすべきことが多い」という意味です。

17

「煩雑」の意味とは? 「複雑」との違いや正しい使い方を解説

意味 煩雑

🌭 この二つからできている「煩雑」は、事柄が色々混じっていて煩わしい、込み入っていて面倒だと言う意味になります。 「煩雑」の「煩」の字を分解してみましょう。 煩雑と複雑の英語表記の違い 煩雑を英語にすると「Complicated」となり、例えば上記の「煩雑で難しい」を英語にすると「Complicated and difficult」となります。

「煩雑」の意味とは?使い方の例文や類語「複雑」と対義語も解説

意味 煩雑

🤜 さらに面倒であるというニュアンスも含んでいます。

1