インフルエンザ 特措法。 新型インフルエンザ等対策特別措置法

新型コロナ特措法とはどんな法律?非常事態措置の内容やその限界について弁護士が解説

特措法 インフルエンザ

🐾 また要請や指示による医療等を行う医療関係者に対して、実費を弁償しなければならない(62条)。

4

新型インフルエンザ特措法の法的枠組みは?:日経メディカル

特措法 インフルエンザ

🤜 3 都道府県対策本部長は、当該都道府県の区域に係る新型インフルエンザ等対策の実施に関し、指定行政機関又は指定公共機関と緊密な連絡を図る必要があると認めるときは、当該連絡を要する事項を所管する指定地方行政機関の長(当該指定地方行政機関がないときは、当該指定行政機関の長)又は当該指定公共機関に対し、その指名する職員を派遣するよう求めることができる。 内閣官房「新型インフルエンザ等対策特別措置法の概要」 2020年3月2日閲覧• 第32条 政府対策本部長は、新型インフルエンザ等 (国民の生命及び健康に著しく重大な被害を与えるおそれがあるものとして政令で定める要件に該当するものに限る。

1

改正特措法の問題点 緊急事態宣言発令で責任の所在は?国?都道府県知事?|趣味のブログ

特措法 インフルエンザ

🤩 つまり、「補償制度の創設」は、医療の確保を確かなものにするために必要とされたものだ。

19

新型インフルエンザ特措法の法的枠組みは?:日経メディカル

特措法 インフルエンザ

😙 新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下「特措法」という。 )に対して、労務又は施設の確保その他の必要な協力を求めることができる。 )、第16条並びに第18条の規定 平成26年4月1日 五 第2条の規定 (第3号に掲げる改正規定を除く。

14

特措法とは分かりやすく解説【新型コロナに関わる特別措置法】

特措法 インフルエンザ

😩 (国、地方公共団体等の責務) 第三条 国は、新型インフルエンザ等から国民の生命及び健康を保護し、並びに新型インフルエンザ等が国民生活及び国民経済に及ぼす影響が最小となるようにするため、新型インフルエンザ等が発生したときは、自ら新型インフルエンザ等対策を的確かつ迅速に実施し、並びに地方公共団体及び指定公共機関が実施する新型インフルエンザ等対策を的確かつ迅速に支援することにより、国全体として万全の態勢を整備する責務を有する。 6 都道府県知事は、都道府県行動計画を作成したときは、速やかに、これを議会に報告し、並びに当該都道府県の区域内の市町村の長及び関係指定地方公共機関に通知するとともに、公表しなければならない。 政府は、2012年3月9日、新型インフルエンザ等対策特別措置法案(以下、「本法案」という。

7

新型コロナ特措法とはどんな法律?非常事態措置の内容やその限界について弁護士が解説

特措法 インフルエンザ

😝 以下この項において同じ。 なお、実際の要請・指示は慎重に行うべきものとするべきである。

6

特措法とは分かりやすく解説【新型コロナに関わる特別措置法】

特措法 インフルエンザ

👊 この報道では、どのように明らかになったかは伝えていない。 2 前項の場合において、当該都道府県知事等及び指定公共機関は、当該都道府県又は指定公共機関が実施する新型インフルエンザ等対策に関して政府対策本部長が行う総合調整に関し、政府対策本部長に対して意見を申し出ることができる。 )並びに指定公共機関に対し、指定行政機関、都道府県及び指定公共機関が実施する新型インフルエンザ等対策に関する総合調整を行うことができる。

12

新型インフルエンザ特措法の法的枠組みは?:日経メディカル

特措法 インフルエンザ

☯ 慌ただしいなか、お時間いただきありがとうございました。 6 内閣総理大臣は、第四項の閣議の決定があったときは、遅滞なく、政府行動計画を国会に報告するとともに、その旨を公示しなければならない。

2

新型コロナ特措法とはどんな法律?非常事態措置の内容やその限界について弁護士が解説

特措法 インフルエンザ

💓 第二章 新型インフルエンザ等対策の実施に関する計画等 (政府行動計画の作成及び公表等) 第六条 政府は、新型インフルエンザ等の発生に備えて、新型インフルエンザ等対策の実施に関する計画(以下「政府行動計画」という。

15