ラプターズ 対 バックス。 イースタン・カンファレンス決勝プレビュー: バックス対ラプターズ

【イースタン・カンファレンス・セミファイナル展望】バックス対セルティックス、ラプターズ対76ersの2シリーズの注目ポイント

対 バックス ラプターズ

📲 今シーズンのバックスのネット・レーティング(100ポゼッションあたりの得失点差)はプラス11. カワイ(レナード)は居ない。

15

イースタン・カンファレンス決勝プレビュー: バックス対ラプターズ

対 バックス ラプターズ

⌚ 第1クォーターからラプターズのの3ポイントシュート、バックスのの3ポイントなど、序盤から両チームが得点を奪い合う展開に。 ふくらはぎを痛めていた先発フォワードのOG・アヌノビー(23)は欠場。

トロントラプターズ V/S ミルウォーキーバックス

対 バックス ラプターズ

☮ 互いにインサイドを固めて、3ポイントを意図的に相手に打たせることを守備の決め事にしており、それはペイント内の失点数(バックス:38. しかし、ラプターズにもバックスやアデトクンボを苦しめられる要因はあり、今シーズンのラプターズのディフェンシブ・レーティング(100ポゼッションあたりの失点)ではリーグ2位を記録しています。 スターター スターター 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール ウェイン エリントン ウェイン エリントン 終了 26 25 8 - 11 1 - 1 8 - 11 3 0 2 0 0 3 Saddiq Bey Saddiq Bey 終了 24 7 3 - 9 0 - 0 1 - 5 4 2 0 0 0 2 メーソン プラムリー メーソン プラムリー 捕 28 14 6 - 12 2 - 5 0 - 0 11 10 1 1 2 4 Dennis Smith Jr. アガスティン - 15 0 0 - 2 0 - 0 0 - 2 2 6 0 0 1 0 Torrey Craig Torrey Craig - 8 0 0 - 1 0 - 0 0 - 0 1 0 1 0 0 1 Thanasis Antetokounmpo Thanasis Antetokounmpo - 0 0 0 - 0 0 - 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 D. 要所でリバウンドを拾いつつ、パット・コノートンのオフェンスチャージングで倒れ込んだラウリーに手を指し伸ばすなど、ラプターズのケミストリーに溶け込んでいる様子もうかがわせた。

16

ラプターズの渡辺がバックス戦で5得点と自己最多に並ぶ7リバウンド チームは連敗― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

対 バックス ラプターズ

😊 「僕たちはリードすると、少し活気が無くなるように思う。

ラプターズの渡邊雄太がバックス戦で5得点、7リバウンド チーム最多タイの±を記録

対 バックス ラプターズ

😂 ヒート戦では最大21点のリードを奪っていながら、セルティックス戦では最大19点のリードを奪っていながら、どちらも最終的には敗れたのです。 ラプターズで平均23点&7リバウンド以上を記録したことがあるのは、2009-10シーズンのクリス・ボッシュ(24. 結果的にレイアップは外れ、ディフェンスは見事に成功した。 トロント・ラプターズは2月23日(日本時間24日)のインディアナ・ペイサーズ戦に127-81で大勝した後、その勝利の余韻に浸ることはありません。

2

デトロイトピストンズ V/S トロントラプターズ

対 バックス ラプターズ

☏ 5)とリーグ随一の堅守を誇る両軍は、その守りにおけるコンセプトが共通しているのもポイントだ。 アデトクンボは、こう語りました。

5